歯科医さんにみてもらおう

親知らずは抜くことができる

歯科医さんにみてもらおう 歯に関連する悩みというものはいろいろあります。
それでも、なお厄介で人を苦しめるものがあります。
それはなんでしょうか。
それは、親知らずです。
親知らずは、ありますか。
これがあるとほんとうにつらい思いをします。
親知らずはいったいどのようにしてできるのでしょうか。
歯の奥のほうにできるものです。
そして、それは、決してみんなが持っているものではありません。
たくさん持っている人もいれば、まったくもっていいない人もいます。
そして、生えるのはおそく、20代ごろになってようやく、親知らずが生える人が多いといえます。
さらに、親知らずが厄介な原因の一つにこれは、普通の歯のように、まっすぐしっかり生えません。
斜めになっていたりするのです。
では、それゆえに、いったいどんな問題が生じるのですか。
当然それゆえに、むし歯になりやすいといえます。
奥にあり、しかも、斜めになっていれば、歯ブラシをとどかせるのが本当に難しいからです。
そしてその歯がむし歯になれば、その歯だけに影響を及ぼすわけではありません。
まわりの歯にも影響を及ぼします。
周りの歯も虫歯になってしまうこともあるのです。
そして、さらに、親知らずはむし歯になっていなくても、とにかく痛いものです。
まわりの歯や歯肉にその中途半端な歯が圧迫を加えるからです。
やがて、それは、歯並びにも影響を与えることがあります。
あごの筋肉に影響をあたえることもあって、ほんとうに親知らずがあると、人を疲れさせます。
日々痛みを感じるのです。
では、歯科医に行けばこの多くの人がくるしんでいる親知らずという問題にたいして、処置をほどこしてもらえますか。
大丈夫です。
親知らずは、抜歯することができます。
ですから、歯科医に相談すればこの問題から、解放されます。
多くの人はあまりにつらいので、耐えられなくて、早くこの厄介な親知らずを抜いてください、と歯科医に相談します。
しかし、すぐに抜いてしまうのは賢明ではありません。
長く歯全体に悪影響を及ぼしてきたので、とくに歯肉は、炎症しています。
そのような状況で歯を抜くなら、回復が遅れてまた苦しむことが予想されます。
ですから、まずは、この炎症をひかせるために、鎮痛剤なども用いることが必要になります。
そして抜歯します。
抜歯した後は、もう苦しむことはありません。
ですから確かに親知らずを抜いてもらうことには勇気が要ります。
でも、その勇気をぜひだしてください。


Copyright(c) 2022 歯科医さんにみてもらおう All Rights Reserved.