歯科医さんにみてもらおう

虫歯は危険

歯科医さんにみてもらおう 歯科医のところに行く必要がある理由の一つは予防と治療です。
ではどのようにして治療してくれるのでしょうか。
それを考える前に、まず、歯の痛みや歯を失うということには、当然そうなる前の兆候があることを知っておかねばなりません。
それはなんでしょうか。
それは、歯に、歯垢がたまるという問題です。
ですから、まず、この歯垢を取り除くということをなんとしてもしなければなりません。
ところで歯垢という言葉はよく聞きますが、いったいどういう意味ですか。
それは、薄い細菌の層です。
それが歯の表にくっついてしまうのです。
なぜそれらがくっついてしまうのですか。
それは、歯みがきをしていないか、歯みがきの仕方に問題があるといえるでしょう。
なぜそういえますか。
なぜなら、その細菌は、歯に残った食べ物のかすによって増殖するからです。
そして、怖いのは、細菌はその食べかすの糖を酸に変えるのです。
では、その酸はどのように歯に悪影響を及ぼしますか。
その酸が歯のエナメル質を攻撃します。
エナメル質は普段わたしたちの大切な歯を守ってくれています。
そのエナメル質が酸によってダメージをうけてもう歯を守れなくなってしまう結果、歯に穴ができます。
そしてその穴が深くなって、やがてあの痛い虫歯になってしまうのです。
ですから、やはり、歯ブラシはとても大切なのです。
そして、虫歯になったと感じたなら迅速に歯科医にいくことも大切です。
歯垢は歯にためてはいけないのです。
完全に、取り去らねばなりません。
もし、虫歯をほっておくなら、やがて、歯はするどい痛みを感じ始めます。
なぜですか。
それは、虫歯が歯髄に達するからです。
なかには、そのような痛みを感じてもなお、痛み止めを飲んだりして、歯科医のもとに行かない人もいるかもしれません。
しかし、それはとても危険なことです。
これをほっておくと、今度は、歯茎が炎症を起こして、歯と歯茎の間に隙間ができます。
もうこうなると、どうしようもありません。
ひたすら細菌は繁殖し続けるのです。
そして、歯と歯茎の間のすきまもひたすら広がります。
どんどん損害が広がって結果はどうなりますか。
歯が抜けてしまうのです。
そのように歯を失ってしまったなら、もう自分の歯でおいしいご飯やお菓子を食べることができないのです。
それはほんとうにおおきな打撃ではありませんか。
わたしたちが痛みを感じるというのは、ときにわたしたちに行動を促しています。
体が警告しています。
ですから、たとえ、いそがしくても、早めに、歯科医にいきましょう。


Copyright(c) 2022 歯科医さんにみてもらおう All Rights Reserved.